観客席を設営するなら目的によって購入かレンタルかを検討!

観客のために

企業によっては客席をつくってイベントを開催することがあります。来客の安全を一番に考えて観覧席を設置する必要がありますが、その具体的な設置方法としてはレンタルか購入かの二択となるでしょう。両者ではいろいろな特徴の違いが見られますので、利用の目的によってベストな方法を決めていくといいです。

客席設置の事例や導入した理由を口コミ調査!

強度が大切です

子供や親子が多く集まるイベントで設置予定でしたので、安全性や強度についてはとくにしっかりと調べました。定期的なイベントになるため、購入の方がリーズナブルということで、購入に決めました。

手軽に利用できる

臨時で使用するため、レンタルにしました。運搬、設置、撤収とすべてお任せできましたので、とても心強くて助かりました。設営スタッフを別に雇う必要もなかったので、人件費を抑えることもできたと思います。

折り畳み式が便利!

イベント会場は普段は別の業務で使用しているため、設置や保管が簡単にできる折り畳み式の客席を購入しました。コンパクトに収納できますので、邪魔にならず空間を広く使えています。

段差がポイント

今までは折り畳み式のパイプ椅子を使用していたのですが、どうしても後ろの席の方が見えにくいという意見を度々いただいていました。改善策として段差のある観覧席を購入したところ、お客様からの評判も上々です。

アルミが軽くておススメ

ベンチタイプを希望していましたが、アルミ製の物が一番使い勝手が良いと感じました。屋内や屋外でも使用できて、持ち運びも簡単です。サイズも豊富で最適な物を買うことができました。

レンタルと購入の違いをリサーチ!お得な客席設置の方法を選ぼう

席

安全性に配慮する

各種イベントでは多くの集客が見込めます。そこで活躍するのが観客席です。スムーズにイベントを進行して、観客の満足度をアップさせるためにも、しっかりと選んでいきましょう。まず最も重要になることといえば、安全性です。将棋倒しや陥落などの事故が発生しないように、強度があって安全に利用できるものを探します。客席設置に特化した専門業者がありますので、しっかりと検討していくことが肝心です。業者はレンタルか購入かによっても異なりますので、目的や予算などニーズに合わせて比較しましょう。

タイプを選ぶ

イベントの規模によってピッタリな客席を見つける必要があります。舞台の高さによっても、ベストな形態は異なります。観客がどの席に座っていても、しっかりと舞台を見ることができる客席づくりを心掛けていきたいものです。また、観客の数も重要な問題になります。少人数用から大人数用まで幅広くアイテムが揃っていますので、最適なタイプを見繕っていきましょう。多目的スペースに設置するのであれば、組み立て式の移動可能なタイプが便利です。使用しないときは、コンパクトに折り畳みができますし、収納スペースの問題も解消できるはずです。

目的を明確にする

客席設置は、レンタルか購入かで悩むという声が多いです。そういった場合は、どれくらいの頻度で利用するかで決めると迷わないはずです。最初で最後のイベント、もしくは不定期開催であれば、レンタルの方が利用価値が高いケースが多いといえます。ほかにも、スペースが狭くて保管場所を確保できないケースにも適しています。一方、継続的に行なう場合や、年に一度でも同様のイベントを開催する予定であれば、購入の方がお得かもしれません。購入の場合は、誰でも簡単に組み立てることができるタイプを選ぶといいです。また、アフタサポートが充実しているところが安心できます。

ニーズに合わせてチョイス!

観客席の設置は、どのような目的で利用するかによって選ぶタイプが変わってきます。使用頻度や保管方法などを考えながら購入かレンタルかを決めていきましょう。